ソーシャルメディアのアクセシビリティ最適化を考える アクセスしやすくするには

多くの企業は、よりアクセシブルで包括的なウェブサイトに向けて適切なステップを踏んでいますが、ソーシャルメディアのチャンネルについては必ずしも同じではありません。ソーシャルメディアの課題は、TikTokのような新しい人気アプリを含め、ほとんどのプラットフォームが完全にはアクセシブルでないことです。プラットフォームのアクセシビリティを向上させることはできませんが、インクルーシブデザインの原則に従い、誰もがコンテンツに平等にアクセスできるようにすることは可能です。

アクセシブルなソーシャルメディアのビジネスケース

ソーシャルメディアマーケティング担当者の中には、ソーシャルメディアのアクセシビリティに時間を割くことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。これは、WCAG 2.1アクセシビリティ基準では、これらの取り組みは必須ではないからです。しかし、消費者の78%が、ソーシャルメディアの投稿が購買決定に影響を与えると回答していることから、障害者を含めたできるだけ多くのソーシャルメディアユーザーとつながりを持つことは、企業にとって大きな利益となります。

そのユーザーはどのくらいいるのでしょうか?皆さんが思っている以上に多いです。世界50カ国のFacebookユーザーを対象とした調査によると、30%以上の人が「見る」「聞く」「話す」「考えをまとめる」「歩く」「手でつかむ」のうち少なくとも1つに障害があると回答しています。つまり、何百万人ものソーシャルメディアユーザーとのつながりを逃している可能性があるということです。

アクセシビリティ機能の主な利用目的は、障害者がソーシャルメディアを利用できるようにすることですが、アクセシビリティ機能を適切に利用することで、リーチの拡大、エンゲージメントの向上、SEOの改善など、より幅広いビジネス上のメリットが得られます。

アクセシブルなソーシャルメディアから恩恵を受けるのは、障害者だけではないからです。実際、字幕を使用する人の80%は聴覚障害者ではなく、10人に8人は無音の動画を好むと言われています。さらに、それだけではありません。書き起こしやキャプションは、検索エンジンが動画をクロールしてインデックスするのを助けることで、SEOを向上させ、さらにはブランド想起を高めることもできます。このようなメリットがあるにもかかわらず、すべての動画コンテンツにキャプションを付けている企業はわずか36%です。

ソーシャルメディアへの投稿をアクセシビリティに最適化することは、正しいことであり、賢明なことであることは明らかです。ソーシャルメディアの投稿を誰もが理解しやすいものにする方法をご紹介します。

インクルーシブな投稿をするための9つの実用的なヒント

まずは、アクセシビリティに配慮したソーシャルメディアの投稿を作成するための、実行可能なヒントをご紹介します。

  1. シンプルな言葉を使う:読みやすさのために、言葉はシンプルに、文章は短くしましょう。長くて蛇行した文章は、理解しにくく、ついていけないことがあります。認知障害や学習障害のある人でも読みやすいように、大文字ではなく文語体を使用してください。
  2. キャメルケースのハッシュタグ:ハッシュタグを使用するときは、各単語の最初の文字を大文字にします。これをキャメルケースといいます。これは、誰にとっても読みやすく、スクリーンリーダーが各単語を個別に読み上げるのに役立ちます。
  3. 絵文字を選択的に使用する:テキストから作成された絵文字は避けてください - これらは多くの人にとって読んだり理解したりするのが困難です。スクリーンリーダーも説明するのに苦労します。代わりに絵文字を使いましょう。それぞれの絵文字には、スクリーンリーダー用にマッチしたテキストの説明があります。しかし、あまりにも多くの絵文字を連続して使用すると、すぐに理解できなくなってしまうので、適度に使用することが重要です。Emojipediaを使用して、各絵文字に割り当てられた意味を確認してください。
  4. 色をチェックする:テキストは、詳細な画像やパターン化された画像の上に配置されると読みづらくなります。代わりに、無地でコントラストの高い背景の上にテキストを配置し、背景との色のコントラストを高くするようにしましょう。
  5. アニメーションGIFは避ける:ストロボ、点滅、フリッカーなどの強い視覚表示は、認知障害や学習障害のある人が投稿に集中するのを困難にし、人によっては発作を引き起こすこともあります。 写真にテキストの説明を追加する: スクリーンリーダーが写真を説明できるように、写真にテキストの説明を追加してください。テキストの説明は、短くても説明的であるべきです。photo of」や「image of」を使用する必要はありません。スクリーンリーダーはすでにこれを知っています。
  6. 音声の書き起こし:音声記録にはテキストの書き起こしを添えましょう。騒がしい環境でビデオを見るときに便利なだけでなく、テキストトランスクリプトは、聴覚障害者がビデオにアクセスできるようにします。優れたトランスクリプトには、効果音やその他のノイズの説明、および誰が話しているかの参照が含まれます。
  7. ビデオにキャプションを追加する:キャプションがないと、世界に4億6600万人いるといわれる難聴者がビデオから排除されてしまいます。キャプションは、騒がしい環境、静かな空間、ヘッドフォンなしなど、音のない状態でビデオを見る人や、読み方を学んでいる子供、第二言語でビデオを見ている人にも役立ちます。音による説明や、誰が話しているのかを参照するようにしましょう。
  8. 装飾的なフォントは避ける:目立つようにと、ソーシャルメディアの投稿にカスタムフォントを使用する組織が増えています。残念ながら、これらのフォントは必ずしもアクセシブルではなく、スクリーンリーダーが文字を完全に読み飛ばしてしまうこともあります。また、投稿が次のように聞こえてしまうこともあります。アクセシビリティを確保し、メッセージを伝えるためには、ソーシャルメディアのプラットフォームで使用されているフォントを使用するようにしましょう。

すべてのソーシャルメディアチャネルでアクセス可能にする方法

フェイスブックでよりアクセスしやすくするには

Facebookは、最も広く利用されているソーシャルメディア・プラットフォームであり、何十億人ものユーザーにアクセシブルな環境を提供するという大きな責任を負っています。Facebookのヘルプセンターでは、キーボードショートカット、スクリーンリーダー、ビデオのクローズドキャプションなどの使用方法をステップごとに説明しています。Facebookに組み込まれたナビゲーションアシスタントは、Facebookの最大のアクセシビリティ資産の1つです。このツールは、スクリーンリーダーやその他の支援技術を使用するユーザーがFacebookをより快適に操作できるように設計されています。

Facebookでは、ユーザーがすべての画像や動画に説明文を付けることができ、スクリーンリーダーやその他の支援技術にテキストベースのキャプションを簡単に提供することができます。Facebookでは、毎日5億人以上が動画を視聴しているため、キャプションを有効にすることは重要な検討事項です。動画にキャプションを追加する理由は他にもありますが、それは以下の通りです。キャプション付きのFacebook動画の投稿は、オーガニックリーチが135%増加します。

幸いなことに、キャプションを自動生成したり、自分で書いたり、SubRip(.srt)ファイル形式で動画にキャプションを追加したりすることが可能です。最近のアクセシビリティアップデートで、FacebookはFacebook Liveの自動キャプションを開始しました。

Facebookでキャプションを追加する方法

  • タイムラインやニュースフィードの上部にある「Photo/Video」をクリックします。
  • 写真/ビデオのアップロード」をクリックします。
  • 共有したい動画を選択し、「投稿」をクリックします。
  • ビデオを表示する準備ができたという通知を受け取ったら、「オプション」をクリックし、「このビデオを編集」をクリックします。
  • SRTファイルをアップロード」をクリックし、「ファイルを選択」をクリックすると、希望するキャプション付きの.srtファイルをアップロードできます。「保存」をクリックすると、完全にキャプション付きのビデオを共有する準備が整います。

また、画像にaltテキストを提供していなくても、Facebookが代わりに提供してくれることも知っておくと便利です。2016年に同社は、写真の中の一般的な物体や概念を認識して、ロービジョンユーザーが画像にアクセスしやすくなるタグを生成する自動altテキストアルゴリズムを導入しました。もちろん、これらの自動記述は曖昧すぎることもあるので、コンテンツがきちんと識別されているかどうかを確認したい場合は、手作業で記述を追加することが依然として推奨される方法です。

ツイッターでよりアクセスしやすくするには

Twitterはここ数年で、特に画像の投稿に関して、ユーザーのアクセシビリティの選択肢を大幅に増やしました。調査によると、画像付きのツイートは、画像なしのツイートに比べて150%多くリツイートされることがわかっているので、これは企業にとって大きな考慮事項です。

画像の説明

Twitterヘルプセンターでは、投稿する画像に説明文を追加するためのステップバイステップの指示を提供しています。これは、ロービジョンユーザーや支援技術を使用している人にとって大きな配慮となります。Twitter社は、2016年にモバイル専用のオプションとして説明文を導入しましたが、現在は、AndroidおよびiPhoneアプリ、twitter.comのプラットフォーム別ソリューションを提供しています。また、ヘルプセンターでは、VoiceOver for Mac、JAWS for Windows、NVDA for Windowsなどの支援技術を使ってTwitterを利用するための説明を提供しています。

  • Androidの場合は、画面上部のメニューまたはプロフィールアイコンにアクセスします。設定とプライバシー」をタップし、「一般」メニューの「アクセシビリティ」をタップします。画像の説明を作成する」にチェックを入れて、機能を有効にします。次回のツイートで画像を添付する際には、「説明を追加」をタップしてテキストを入力し、「適用」をタップします。
  • iOSでも同様の手順を踏むことができます。画面上部のユーザーメニューを開き、「設定とプライバシー」を選択します。アクセシビリティ」をダブルタップし、「画像の説明を作成」スイッチをオンにします。次回、ツイートに画像を添付する際には、フォトライブラリをダブルタップして画像を選択します。ツイート作成画面に戻り、画像を探して、「写真に説明を追加」のアラートが鳴るまで上下にスワイプします。テキストを入力し、「適用」をダブルタップします。
  • デスクトップのTwitter.comで説明文を有効にする手順は、お使いのスクリーンリーダーやOSによって異なります。Twitterヘルプセンターでは、それぞれの方法について詳細かつ最新の情報を提供しています。

ビデオキャプション

Twitterは、2021年初頭までに、すべての音声および動画コンテンツに自動キャプションを追加することを目指しています。それまでは、動画にキャプションを追加する責任は、コンテンツ制作者にあります。

幸いなことに、Twitterは現在、ウェブ、iOS、Androidでの字幕表示をサポートしています。動画に字幕を付けるには、以下の方法があります。

  • 設定メニューをタブで選択し、Media Studioライブラリを選択します。
  • ここから、ポップアップボックスのメニューで「Sacit」を選択します。
  • .srtファイルをアップロードし、字幕の言語を選択します。

インスタグラムでよりアクセスしやすくする方法

全体的に見て、Instagramは、障がいのあるユーザーに良い体験を提供しています。Instagramは画像を共有するソーシャル・メディア・プラットフォームなので、人々が投稿する内容の詳細な説明を提供すると、画像にはある意味で「altテキスト」が表示されます。

インスタグラムの投稿

さらに、Instagramでは、スクリーンリーダー用に画像の説明文を自動生成する物体認識技術も採用しています。しかし、この技術には当たり外れがあるため、Instagramの投稿には正確でカスタムなaltテキストを追加することが常に最善の方法です。インスタグラムに投稿する前に写真のaltテキストを確認・編集するには

  • 画面下の「詳細設定」をタップ
  • Write Alt Text」に移動する
  • 枠内にAltテキストを記入する
  • 「完了」(iPhone)または「保存」(Android)をクリックします。

写真を投稿した後にテキストを編集するには、写真に移動して「編集」をタップし、右下の「Altテキストの編集」をクリックします。

AndroidとAppleの両方の携帯電話には、障がいのある方がアクセシビリティの設定を更新できる一般設定があります。ズームイン機能は、アプリのサイズで写真を見るのが困難な方に役立ちます。Instagramでも、視覚障害のあるユーザーに役立つズーム機能を提供しています。

Instagramストーリー

Instagramの投稿にはアクセスできるようになりましたが、アプリで最も人気のある機能の1つであるInstagramのストーリーでは話が違ってきます。便利な回避策は、キャプションのスペースを再利用して、引用文、ダイアログ、アクションの説明など、動画のトランスクリプトを提供することです。

2020年9月、InstagramはIGTVの自動キャプションを16の言語で展開しました。自動キャプションをオンにするには、「設定」→「ビデオキャプション」を選択します。 また、カラーコントラストにも気を配りましょう。インスタグラムにはアクセシビリティカラーチェッカーがないので、黒と白のような安全な色の組み合わせを使うことが重要です。 目の不自由な方がソーシャルメディアを利用する際の様子は、トミー・エジソンさんがInstagramをどのように利用しているかを撮影したビデオでご覧いただけます。

LinkedInでよりアクセスしやすくするには

社会人の30%が障がいを持っています。そのため、LinkedInのウェブサイトとコンテンツがアクセシビリティの観点から優れていること、そして社内チームがより包括的な環境づくりに尽力していることは心強いことです。

そうはいっても、現状では、自分の投稿に説明文やその他のアクセシビリティへの配慮を加えたいと考えるユーザーに対して、サイトはほとんど情報を提供していません。2019年初頭には、LinkedInの画像にaltテキストを追加できることに気付いたユーザーもいましたが、LinkedInがこの機能を発表しなかったため、それほど多くのユーザーが気付いていないようです。

画像にaltテキストを追加するには、「投稿の開始」ボックスのカメラアイコンのオプションをタップし、画像を選択して、「altテキストを追加」をタップします。

LinkedInで動画を共有する際に、クローズドキャプションを追加することも可能です。動画を投稿する前に、動画に関連する .srt ファイルを添付する必要があります。

  • LinkedIn ホームページの上部にある共有ボックス(デスクトップ版のみ)で、「ビデオ」アイコンをクリックします。
  • 表示されるポップアップで、「共有するビデオを選択」をクリックします。
  • デスクトップから共有したい動画を選択します。
  • ビデオのプレビューが表示されたら、右上の「編集」をクリックしてビデオの設定を確認します。
  • Select Caption」をクリックして、.srtファイルを添付し、選択を確定します。

YouTube、Vimeo、TikTokでのアクセシビリティを向上させる方法

YouTube

すべての動画にクローズドキャプション、音声ガイド、完全なトランスクリプトがあることを確認してください。YouTubeは音声認識技術を使って動画のキャプションを自動的に作成しますが、品質にばらつきがあるため、トランスクリプトが正確であることを確認する必要があります。誤りを見つけたら、YouTubeのキャプションエディタで修正してください。Googleは、すべての動画にキャプションと字幕を追加するための簡単な手順を提供しています。なお、YouTubeのライブストリーム動画の自動キャプションは、英語でのみ利用可能です。

Vimeo

また、Vimeoには、あらゆるビデオに字幕やキャプションを追加するためのオプションや簡単な説明が組み込まれており、さらに、信頼できる3つのプロバイダーから字幕やトランスクリプションサービスを購入することもできます。3Play社、Rev社、Amara社です。

ソーシャルビデオチャンネルに投稿する際には、キーボードトラップも重要な注意点のひとつです。キーボードトラップとは、"キーボードを使っている人が、キーボードだけではインタラクティブな要素やコントロールからフォーカスを移動させることができない場合に発生する "というものです。つまり、ユーザーはキーボードを使ってビデオプレーヤーに入ることはできても、元のページに戻ることができないのです。アクセシブルなサイトを維持するためには、マウスを使わずにページを移動できることが不可欠であるため、キーボードトラップを回避することは大きな意味を持ちます。

TikTok

TikTokは、2020年に最も人気のある動画アプリの1つかもしれませんが、アクセシビリティ機能に関しては現在不足しています。ここでは、TikTokのコンテンツをよりアクセシブルにするためにできることをご紹介します。

キャプション:TikTokの内部テキストツールを使ってDIYでキャプションを作りましょう。外部のキャプションツールを使用しない限り、これはいくつかのステップがある手動のプロセスです。

  • まずはアプリケーションを開き、「+」マークをクリックします。
  • ビデオを録画するか、保存したファイルから既存のビデオをダウンロードして、右下のボックスにチェックを入れます。
  • 画面下の「テキスト」ボタンをクリックして、字幕を追加します。
  • プレビューしてから、画面右上の「完了」をクリックする
  • アクセシブルなフォーマットとデザイン:弱視や色覚異常の方がTikTokのコンテンツを利用できるように、コントラストの高いテキストを使用してください。コントラストが十分でないと、障害の有無にかかわらず、誰にとってもコンテンツが読みにくくなります。動画にテキストを入れる場合は、白の蛍光ペンと黒のフォントなど、利用しやすい色の組み合わせを使用してください。サンセリフ体のフォントを使用すると、読みやすさが向上します。

    アクセシビリティに関する最新情報の提供

    利用しているプラットフォームに新しいアクセシビリティ機能が追加されていないか、定期的にチェックすることもお忘れなく。これまでに紹介したソーシャルメディアチャンネルの多くは、アクセシビリティに関する最新情報や進捗状況を定期的に公開しています。例えば、Twitterは、自社プラットフォームのアクセシビリティ向上に注力するために2つの新しいチームを結成することを発表しました。

    このように、ソーシャルメディアチャネルにおける優れたアクセシビリティポリシーは、Webサイトですでに採用しているアクセシビリティのベストプラクティスと大きな違いはありません。結局のところ、すべての能力レベルの潜在的な顧客に最高のユーザー体験を提供したいと思わないマーケターはいないでしょう。それが、優れたマーケティングなのです。

    デジタル・アクセシビリティの話題に飛び込んで、Webサイトの訪問者に対してよりアクセシブルになる方法を学びたいと思いませんか?デジタル・アクセシビリティに関する電子書籍をダウンロードしてください。

各種お問い合わせやご要望は下記よりお願いいたします。

関連記事

前の記事へ

ウェブアクセシビリティ、Cookielessなど、2026年検索の未来を考える

次の記事へ

3rd Party Cookie(サードパーティクッキー)と1st Party Cookieの詳細と、今後のデジタルマーケターの考えるべき対策について