経営者にUX研究の成果を発表するときの大事なヒント

UX研究の調査結果を発表することは、調査プロセスの最終段階であり、それを聞く経営者側は、あなたが彼らに期待しているのと同じくらい結果を期待している可能性が高いです。

調査設計書、結果と分析結果、発言録などを10~20枚の印象的なスライドにまとめなければなりません。
何週間ものハードワークを1つのプレゼンテーションに凝縮することは、特に経営者側がUXに精通していない場合には、大変な作業になります。

ユーザー調査に経営陣の賛同を得るには、急速に変化する環境の中で、あなたが経営者と同じ言葉で話し、UXが組織に提供できる真の価値を示すことが、これまで以上に重要になっています。
いくつかこれまでの成功事例をご紹介しましょう。

デザインの一貫性

興味を引きつけようとして、奇妙な色や形を何十個も急いで入れてしまうことは悪です。
しかし、一貫した色、フォント、アイコンを使用したシンプルで洗練されたデザインは、重要なプレゼンテーションでは一朝一夕にはできません。

標準的なテンプレートがある場合は、それを使用してください。ない場合は作成してください。重要なことは、あなたの研究成果に集中してもらうためには、聞く人が他のことに気をそらさないようにしないといけないということです。

ステークホルダーのニーズに焦点を当てる

UX研究結果があなたにとって新しくエキサイティングなものだからといって、限られた時間の中で経営者が聞きたいと思っていることを意味するわけではありません。
経営者が聞きたいと思っていたらスライドに入れ、そうでなければ入れないか別紙にすべきです。

各スライドのヘッダーにキーポイントを入れて、提示している情報が主要な研究成果とつながっていることを示しましょう。

効率的であること

私はあるCEOに、急いでいるから最初の3枚のスライドを見せてほしいと頼まれたことがあります。私たちは何週間もかけて、30枚の完璧にまとまったスライドを作成してきたのです。

それは窓から椅子を投げ捨てたくなるようなものでしたか?そうですね。しかし、私は最初の数枚のスライドの中に、最も重要な発見を盛り込んでいたのです。

所見を2〜3フレーズに絞り込むのは、私たちの学術的なトレーニングのすべてに反しています。しかし、チームのためにできる最善のことは、特に研究に好意的ではない関係者に対しては、プレゼンテーションを効率的に行うことです。

簡潔にするために、最初の数枚のスライドには何を含めるべきかを説明しましょう。

  • 研究の本来の目的
  • 3~5つの重要な発見
  • 3~5つの次のステップ

最初のドラフトでは、含めるべき絶対的に重要なキーポイントが12個もあることに気づく可能性が高いです。しかし、どんどん削っていきましょう。これらのキーポイントのいくつかを組み合わせることはできないだろうか?それぞれのキーポイントは、研究の本来の目的に関係しているか?

ソフトローンチ

発表前に同僚にラフを見せることを恐れてはいけません。外部の視点から見ると、プロジェクトに精通していない人にとっては混乱するポイントが浮き彫りになるかもしれません。

例えば、UXの専門用語は自然に身についているが、プレゼンテーションの言葉は様々な背景を持つ関係者に理解できるものでなければならない。リサーチチームの一員ではない人にあなたのアイデアをプレゼンしてみて、UX用語を減らす必要があるかどうかを確認してみてください。

そしてもちろん、プレゼンテーションの「ソフトスキル」に取り組んでください - 姿勢、アイコンタクト、語彙からの「あー」と「うん」の排除、声のトーンのようなものは、すべてあなたの聴衆を驚かせるための長い道のりです。

各種お問い合わせやご要望は下記よりお願いいたします。

前の記事へ

【Webクオリティランキング】国内主要証券サイト