Webツール・サービス情報サイト「ウェブエキスパート」

EC

EC

何をいまさら…と言われそうですが、ここでのECとはもちろん欧州協同体…の事ではなく「電子商取引」(Electronic Commerce)の事です。「インターネットや専用線のようなコンピュータネットワーク上での 電子的な情報交換によって、商品やサービスを分配したり売買したりすること。」と回りくどく定義されたりもしていますが要は「ネットで行う売買」と言えます。

ECの市場とシステム

消費者の視点では、PCにおけるオンラインショッピングにおいて書籍から始まり、日常品から嗜好品、食品、高級品まで一通りの製品を手に入れる事ができる状況になりつつあります。また価格比較サイトなどの充実により、家電やPC関連品を中心に過当競争も発生する状況も発生しています。

一方で、一部のジャンルにおいては成熟しつつあるEC市場も、驚くべきことに2007年現在でも「オンライン化」はいまだ20%に留まっていると言われています。

また、携帯のECは現在特に爆発的な成長をつづけており、新規参入者による急激な成長の例が後をたちません。

ECを実現するためのシステムは、現在1000を超えるシステムが存在すると言われていますが、多くのシステムは規模やビジネスモデルによる違いはあるものの商品管理・在庫管理・決済・顧客管理などの基本的な機能に違いがなくなってきているのが現状と言えます。

その中でより競争力を持つオンラインストアを構築するために、複雑なポイント制やアフィリエイト機能、あるいは基幹システムやリアルのテンポとの連動などより高度なECシステムを高額な開発費用をかけてカスタマイズ構築を行う事例と、機能よりもユーザーが求める情報提供にフォーカスをしブログとの連携や、より自由なインターフェースや情報発信が可能なCMSとの連携を行うような、EC+他システムの「マッシュアップ」によるECシステム事例が増えつつあります。

関連ページ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyrightc2015 Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.