Webツール・サービス情報サイト「ウェブエキスパート」

EFO(入力フォーム最適化)

サイト訪問者の離脱数と入力フォーム画面への到達数

アクセス解析ツールで定点調査を行っている場合、よく目にされていると思われる直帰率。「閲覧を始めたページからどのページにも移動せずに離脱した割合」を表したものですが、「自分の求めている情報が見つからなければサイトを離れてしまう」という閲覧者の考えが表れている指標といえます。

また、レコメンドツールのページでも述べていますが、情報技術を取り巻く環境の変化に伴い消費者の行動プロセスも変化。訪問者にとって必要と思われない場合、続きのページがあってもサイトを離脱してしまいます。そのため、一般的にはWebサイトを訪れ入力フォームのページまでの間に90%の訪問者が離脱してしまうと言われています。

EFO
貴重な入力フォーム画面への訪問者を離脱させない為、「どのような時に離脱をしてしまうのか?」を考え、高い理解性と操作性を備えたフォームの構築が必要と考えられます。

入力フォーム最適化サービスについて

EFO(入力フォーム最適化)は理解性、操作性の高い入力フォームを用意することで、申し込みページを訪れたニーズの高いサイト訪問者の途中離脱防止につなげることが可能です。

EFO_入力フォームで見られる課題点

お問い合わせ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyrightc2015 Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.