Webツール・サービス情報サイト「ウェブエキスパート」

マイナビ就職EXPO

事例概要

CMSサイトリニューアル

人気の就職イベントの規模拡大に伴い、CMSを導入。サイトの機動力をアップ

  • 運用面での自由度を確保し、ページの統一性を考慮したテンプレート開発
  • リニューアルを機に情報設計を見直すことでユーザビリティが向上

導入のキーワード

  • CMS構築
  • サイトリニューアル

各支社から集中する更新依頼に手作業の限界を痛感

1973年8月、新聞の発行および出版業、絵画・美術品の輸入販売業などを目的に、毎日新聞社の関連会社として設立された毎日コミュニケーションズ。同社が目指すのは、出版で築きあげた事業基盤を最大限に活用しながら、多様な情報や出会いを通じて、一人一人の可能性を高めていくお手伝いをすること。 2007年3月には、人材情報ポータルサービスの新ブランドを「マイナビ」に統一。長年にわたる総合人材サービス企業としての強みを、さらに発展させつつあります。

今や学生の就職活動や社会人の転職活動にも、インターネットは欠かせない存在。そんな時代のニーズにどこよりも速く、かつ的確に応えていくために、同社では、「マイナビ」のブランド名を冠した人材情報サイトを複数運営しています。「マイナビ就職EXPO」の案内サイトは、そのひとつである就職情報サイトの利用者をイベント会場へと効果的に誘導し、リアルな出会いを実現するのが狙いです。

マイナビ就職EXPOは、2008年で9年目を迎えた就職イベント。企業と学生を結ぶ絶好のコミュニケーション機会として好評で、毎回、文系理系を問わず幅広い学生たちが参加しています。また、その規模も年々拡大しており、2009年卒向けの開催実績は、全国9都市、計24回、延べ36日、動員数延べ35 万人。マイナビの会員数が約57万人(2008年9月現在)であるのに対し、これだけの集客を達成していることからも、イベントの重要性がうかがえます。

しかし一方で、イベントの規模拡大に伴い、半期で1千万ページビューを稼ぐという「マイナビ就職EXPO」サイトも、更新頻度はもちろん、新規ページの作成機会が増え、延べページ数は300ページにも膨らんでいました。各支社から預かった原稿や変更依頼を反映するという手作業での更新は非常に高い頻度になり、もはや限界を迎えていたといいます。しかも、これらをたった1人でまわしていたというのですから、なおさらです。

既存のCMS製品と敢えて決別することを決断

運用面での課題解決に向けてWebサイトのリニューアルを決断した同社は、CMS化の道を探るべく情報収集をスタートさせました。社内ですでにCMSの導入実績はあったものの、サイトの特性を踏まえると、果たして既存のCMSと同じ製品を適用することが正しい選択かどうか、疑問もあったからです。

「当初は使い慣れたCMS製品をベースに考えていたのですが、今回はWebRelease2での開発に踏み切ったことが、プロジェクトの明暗を大きく分けるポイントになりました。つまり、既存のCMS製品と敢えて決別したことで、良い結果につながったと言えます」と担当者は強調します。

全国から大量のアクセスが集中する可能性、各支社での更新作業、利用者の増大への柔軟な対応、社内のイベント管理システムとの連携などを踏まえ、最終的にWebReleaseを採用する決め手となったのは、主に次の点です。

  • 静的生成が可能であること
  • 承認機能が充実していること
  • ユーザー単位のライセンスではないこと(ライセンスコストの削減)
  • 外部から読み込んだデータ(CSV、XML、RSS)から記事を生成できること
  • 専門知識がない担当者にも容易に更新作業が行えること

運用面での柔軟性を考慮したテンプレート開発に工夫

2008年4月にスタートしたプロジェクトにおいて、同社がもっとも気を遣ったというのが、最大の課題でもあった運用面です。「手作業での更新をCMS化することで、かえって融通のきかない部分が出てくるのではないかという心配もありました」と担当者。地域ごとの特色を出したり、イベントの直前あるいは当日の突発的な変更に対応したりなど、例外事項が多いのがイベント情報サイトの悩みどころ。

ある程度自由度を持たせつつも、ページ間の均質性を保つためにはどうすればよいか。この点について熟慮に熟慮を重ねながら、仕様を詰めていきました。これまで、ペーパーレスでWebサイトの開発を進めることの多かった同社にとっては、サイトの構造や各ページの役割を改めて整理する意味でも、非常に有意義なプロセスだったと言えるでしょう。

こうして最終的に完成した仕様書は、非常に精度の高いものになっていました。そこには、決してなんでもできるのではなく、テンプレートの枠内で、やりたい人がやりたいことを実現するための方法がしっかりと練られていました。

また、構築にあたっては、情報が増えたときに違和感なくWebサイトが成立するよう、複数の成立パターンを考慮してテンプレートを開発。もちろん、数多くの学生が閲覧するサイトなので、大量の情報から必要な情報にアクセスしやすいように、ユーザービリティに配慮した設計が重視されました。

すべての関係者にとって使いやすいWebサイトが完成

リニューアル後は、これまでのように、本社で一括して更新作業を請け負う必要もありません。各支社の担当者が必要に応じて更新をかけられるようになり、情報提供のスピードが向上するだけでなく、急を要する事態にも迅速な対応が可能になります。

支社から本社へ更新を依頼するというワンクッションがあることによって、手間がかかっていましたが、これからは、Webサイトの価値をこれまで以上に積極的に追求していくことで、利用者に楽しんでもらうための新しいアイデアも生まれてくるかもしれません。このように、運用側にとって更新しやすい仕組みは、情報の鮮度や質を高めるなど、結果的に利用者にとっても多くのメリットをもたらすはずです。

もちろん、リニューアルをきっかけに情報設計を見直したことで、ユーザービリティも格段に向上しています。具体的には、イベント情報のカテゴリーに応じてアイコンで判別性を高めたり、地域に特化した情報のみを表示したり、更新後1週間は「update」アイコンを表示し、1週間を過ぎると自動的に消えるなど、各所にきめ細かな配慮が施されています。運用面でのムダを省くと同時に、利用者にとってのムダな情報や操作を排除し、すべての関係者にとって使いやすいWebサイトが誕生したのです。

ひとまず「マイナビ就職EXPO」サイトの運用が起動に乗れば、今回導入したCMSをベースに、「マイナビ就職セミナー」など、他の情報サイトのCMS化を進める計画もあります。これらは相互にリソースを共有できる部分もあるため、統合すれば、より効率的な運用が可能になると考えられます。

導入製品

製品情報・サービス提供会社

国内導入実績500社超、パッケージ型エンタープライズCMS

WebReleaseは、 スケジュール配信、リビジョン管理、承認ワークフロー、操作履歴、権限管理など、企業ウェブサイトの構築・運用に求められる機能一式を搭載したパッケージタイプの CMS です。パッケージソフトなので、箱から出してインストールするだけで高機能な CMS 環境をすぐ手に入れることができます。

パッケージタイプの WebRelease を採用すれば、難易度が高く、予算超過やスケジュール遅延、仕様の過不足、度重なる追加開発、といったリスクを伴うシステム開発は必要ありません。インストール後すぐにウェブサイトの構築に着手することができます。

関連リンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyrightc2015 Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.