Webツール・サービス情報サイト「ウェブエキスパート」

[みゅう]個人旅行で行くヨーロッパ

事例概要

[みゅう]個人旅行で行くヨーロッパ CMS構築

誰でも思い通りに更新ができて、運用コストを大幅にカットできるサイトを実現

導入のキーワード

  • CMSサイト構築
  • Webサイト

外注による更新タイムラグが売上にマイナスの影響

日本で海外旅行が自由化された3年後の1967年。ビートルズが活躍していた当時のロンドンで、ミキ・ツーリストは「日本人のために、日本人により、旅のお世話をする」ことを目的に創業されました。以来40年余、「安心して旅ができる」サポート体制と「新しい旅先づくり」を積極的に推進。魅力ある海外旅行商品を主に旅行業者向けに販売する、いわばB2Bの旅行会社として成長を続けてきました。

そんな同社が、個人旅行者を対象に新ブランド[みゅう]を立ち上げたのは1991年。国内外の[みゅう]インフォメーションセンターやウェブサイトを通して、個性豊かな個人旅行を提供して人気を集めています。「[みゅう]は、季節に応じた個人のヨーロッパ旅行商品をご紹介し、同時にお申込もしていただける海外旅行サイトです」と、[みゅう]の販売およびサイト運用の担当者は説明します。

旅行商品は情報がめまぐるしく変わるため、非常に更新や修正が多いのが特徴。中でも、「一年中頻繁におこなわれる航空運賃やサーチャージ料金、ホテル代金などの変更は、即座に対応しないとそのまま売上げに影響するので、更新のタイムラグは大きなストレスでした」と担当者。

それというのも、[みゅう]の制作は複数の外部業者任せになっており、ミキ・ツーリスト側から出された情報が、サイト上にコンテンツとして反映されるまで、3~4週間もかかるのが当たり前になっていたのです。時間だけでなく、更新の度に発生する費用も大きな問題でした。

さらに、長年かけてツギハギするように広げてきたサイトは、ユーザビリティが悪いだけでなく、リンク切れも数多く発生。売上への影響が指摘されていました。「なんとかしたいという声はあったのですが、具体的にリニューアルするという動きにはなかなかなりませんでした」と担当者は振り返ります。

CMS導入で更新タイムラグが解消できると社内を啓蒙

そんなとき社内でブログ風の新サイトを立ち上げる計画が持ち上がり、そのサイトをCMSで構築しようということになりました。CMSなら更新も楽でスピーディーだと考えたのです。「社内にCMS導入を提案したところ、そんなに便利なものがあるなら、この際会社のホームページと[みゅう]もすべて一気にCMSでリニューアルしようということになりました」(担当者)。

こうして思わぬところから、[みゅう]のリニューアルが一気に動き出し、2008年5月、プロジェクトがいよいよスタートしました。最優先の課題は、更新タイムラグの解消と、運用コストの圧縮でした。

海外旅行サイトとして、今後もどんどんコンテンツが増えていくことや、その際の運用負荷をできる限り軽減することを考慮した結果、同社はWebRelease2とphpの組み合わせを選択。導入によって、下記のようなさまざまなメリットがあると考えたのが、その理由でした。

  • ネットの知識が少ない担当者でもブログ感覚で簡単に更新できる
  • テンプレートに制限がなく海外旅行サイトにふさわしいデザインや見せ方が可能
  • 日常の運用負荷を最小限に抑えることができる
  • 手動更新では防ぎきれないリンク切れが解消できる

このように、WebRelease2とphpにより、リニューアル前の[みゅう]が抱えていた課題のほとんどが解消されるのです。

一方で、社内に特定のウェブ担当者がいない同社にとっては、こうした大掛かりな企業サイト構築は初めてのこと。したがって、社内の啓蒙も重要な仕事のひとつとなりました。CMSの経済的効果をいち早く高く評価した経営陣を除けば、その時点では「CMSって何?」というのが、社内の一般的な反応だったからです。

今後自分たちで更新作業を行っていくことを含め、社員全員のCMSへの理解を得ることは、初期段階での重要な課題だったのです。そこで、リニューアルの作業を進める一方で、社内説明会を何度も開き、CMSへの理解を深めていきました。

難易度の高い要望にもチャレンジして解決

5月にスタートして8月中には完成という限られたスケジュールの中で、まずは徹底した仕様書作りに充分な時間が充てられました。「プロジェクトを進める中で、いかに仕様書が重要なものか理解できました」と担当者は振り返ります。当初は、こんなことになぜこんなに時間を割くのか理解できなかったものの、仕様書で徹底的に詰めておけば、後の作業がスムースであることがわかり、プロジェクトマネジメントの重要性を痛感したといいます。

さらに開発の過程で、CMSで簡単に更新できる料金表を実現したいという声が上がりました。料金表は年に何度も変更される上、一日も早く、しかも正確に更新しないと、売上げに即座に影響するため、同社にとってはもっとも重要なものなのです。それも、従来からの業務フローを変えないために、料金表のデータをそのまま流し込めるようにする必要がありました。

実は、これはCMSでは非常に難易度の高い要望だったものの、制作会社の協力を得て、テキストデータを流し込むだけで料金表ができあがる仕組みが実現。さらに、同じテンプレートを使って、サイトをいかに違うトーンに見せるかという工夫にもチャレンジし、同じテンプレートで生成したページで、画像やメニュー項目、ベースカラーなどを自由に変えられるようにしました。

これによって、従来のようにウェブデザイナーに頼らなくても、社員の方がページの内容に応じたバラエティ豊かなサイトデザインを生成できるようになったのです。これこそ、同社が待ち望んでいた「自分たちで、思うときに、思うように更新できるウェブサイト」です。

アクセス解析ツール導入で期待されるサイトの進化

9月1日、リニューアルした[みゅう]サイトが公開されました。[みゅう]ブランドの旅行商品を販売する社員たちが、自分たちでコンテンツを作りあげたサイトです。ヨーロッパの写真をふんだんに取り入れたおしゃれなデザインは、プロのデザイナーが作ったかのような見事な出来栄えです。

「一カ月過ぎてなんとか慣れてきました。最初はバナーも思うようにできなかったのが、少しずつ上達してきて」と担当者。とにかく今は軌道に乗せるのに精一杯。売りたいものはいくらでもあるので、それをどうやって出していくかだと、今後に期待を寄せます。

さらに担当者が期待しているのは、今回のリニューアルに際して導入したアクセス解析ツールによる成果だといいます。「アクセス解析を参考に、見たいもの、売りたいものを自由に動かして掲載するといったことが、今後はできるようになります」と抱負を語ります。それができるのも、今回CMSでリニューアルし、かつアクセス解析ツールを導入した大きな効果だと言えるでしょう。

導入製品

製品情報・サービス提供会社

国内導入実績500社超、パッケージ型エンタープライズCMS

WebReleaseは、 スケジュール配信、リビジョン管理、承認ワークフロー、操作履歴、権限管理など、企業ウェブサイトの構築・運用に求められる機能一式を搭載したパッケージタイプの CMS です。パッケージソフトなので、箱から出してインストールするだけで高機能な CMS 環境をすぐ手に入れることができます。

パッケージタイプの WebRelease を採用すれば、難易度が高く、予算超過やスケジュール遅延、仕様の過不足、度重なる追加開発、といったリスクを伴うシステム開発は必要ありません。インストール後すぐにウェブサイトの構築に着手することができます。

関連リンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyrightc2015 Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.