Webツール・サービス情報サイト「ウェブエキスパート」

Japan-i

事例概要

多言語観光情報サイト CMS構築

自由度を確保したテンプレートで、発展性のある多言語対応サイトを構築

  • 多様なコンテンツの作成と多言語化を前提に、マルチテンプレートを開発
  • テンプレートを活用し、100ページ以上に及ぶモバイルサイトを同時に構築

導入のキーワード

  • CMS構築
  • 多言語サイト構築
  • モバイルサイト構築

地図専門出版社から情報コンテンツ企業への脱皮

「ミリオンマップ」でお馴染みの東京地図出版は、1957年の創業以来50年以上にわたり、地図書籍の専門出版社として歩んできました。同社の歴史とともに蓄積されてきた地図データベースを基盤とする一方で、紙媒体を主体とした地図専門出版社から脱皮し、新たに情報コンテンツ企業への転換を図るためのチャレンジもスタートしています。その第一弾となるのが、外国人をターゲットとした情報サイト「Japan-i」(ジャパンアイ)です。

Japan-iは、日本に興味を持つ外国人や、訪日予定のある外国人、あるいは日本在住の外国人に向けて、日本に関する各種情報を発信するサイト。英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、日本語の5ヵ国語に対応し、観光情報はもちろん、移動に便利な交通情報や地図、日本の文化や習慣への理解を深めてもらうためのコンテンツなどが豊富に提供されます。圧倒的な情報量を誇るだけでなく、情報の質および鮮度の高さも大きな魅力です。

また、同社にとってJapan-iの立ち上げは、新たな収益モデルを確立するための未知なる挑戦でもありました。経営トップの意向を受けて、白紙の状態から出発した新規事業です。“満を持して”と言っても過言ではありません。プロジェクトの始動にあたっては、旅行ビジネスやコンテンツ市場の現状を踏まえ、ターゲットの選定や事業の発展性についても十分な検討が重ねられました。外国人向けサイトという結論は、海外からの旅行者数が急増していることや、新規参入の余地などから導き出されたものです。

社内での議論を経てJapan-iのコンセプトやコンテンツの枠組みが固まったところで、同社は、構築後も自社内で運用をまわせる仕組みとしてCMSに着目。「WebRelease 2の製品説明を聞いたとき、使いやすそうだなという印象がありました。また、ベンダーが独自開発したCMS製品より、商用CMSのほうが安心だろうとの判断もありました」と担当者は語ります。

使い勝手を追求したテンプレート構造により1,000ページ超を効率よく生成

何よりJapan-i構築の肝となったのは、膨大なページの生成作業です。たとえば「Hot Springs」というカテゴリー1つをとっても、地域別、各温泉別に大量のページを生成する必要があります。Japan-iのオープンに向けて編集部が準備したコンテンツは、1言語につき1,000ページを超えるというから驚きです。

同じページを5ヵ国語分用意することを考えると、原稿の執筆から翻訳、ネイティブチェックなど、一連のコンテンツ制作に費やした同社の労力は測り知れません。一方で、膨大な情報を利用者の視点で見やすく、探しやすく構成すると同時に、運用面での容易性と柔軟性を両立するための工夫も不可欠でした。

「やりたいことが出てくるたびに階層がどんどん深くなり、併せてテンプレートの数も増えていくことになります。予算的なことを考えると、テンプレートを最小限に抑えなくてはいけない。でも、今後の展開を考えると、いろんな見せ方に対応できるよう、ある程度の自由度も確保しておきたい。このバランスを保つためにどうすればよいか、ずいぶん頭を使いました」(担当者)。

また、多言語化を前提に、複雑になりがちな入力の構成などをシンプルに1テンプレートにまとめ、管理者が運用しやすい構造を意識。さらに今後言語が追加されることを考慮し、柔軟な構造を目指しました。これにより、多様なページを作成できるマルチテンプレートを実現できたことは、大きな成果と言えるでしょう。

いよいよテンプレートが完成し、コンテンツの登録作業を進める中で、同社はWebRelease 2の使い勝手の良さについても実感。「特にメリットを感じたのは、CSV形式で一括して情報を取り込める点。複数ページを一度に生成できて便利です。それから、1種類のテンプレートから多言語化できます。ページのコピー機能を使えば、体裁を変えることなく、テキストを差し替えるだけで済みます」(担当者)。

また、今回のプロジェクトでは、英語版、かつ東京の情報に限定したモバイルサイト「Japan-i.jp mobile」も同時に構築。こちらもWebRelease 2を使って、100ページ以上に及ぶページを1種類のテンプレートから生成することで、1ヵ月という短期間で完成させました。このサイトは、ハンディサイズの英語・日本語併記バイリンガルマップ「Bilingual Atlas of TOKYO」と連動しており、巻末の「東京ガイド」に掲載されたQRコードからアクセスできるようになっています。

正式リリースを迎えたJapan-iに集まる注目と期待

2008年4月の公開に向けて着々と準備を進めていたJapan-iですが、完成を前に社内で新たな意見が浮上し、グローバルメニューの変更が生じるというハプニングもありました。それでも、マイルストーンごとにミーティングを設定し、密な意思疎通を心がけることで、プロジェクト全体を通じて大きな混乱もなく進行。柱となるコンテンツを登録し終えた今も、継続的に情報を追加しており、サイトは徐々に賑やかさを増しています。

プロジェクトの成功要因について、「テンプレート開発においては、やってはいけないこと、やると不便なことまでを明確にできたおかげで、半端ではない膨大な情報量にも関わらず、最後までやり遂げることができました。デザインについても大変気に入っています」と担当者。

2009年2月に満を持してグランドオープンを迎えたJapan-iには、日本人でも思わず興味をそそられる情報が満載。今後は、紙媒体との相乗効果を狙ったアプローチや、日本の商品を販売するECサイトの構築など、Japan-iを核にした新たな展開についても模索が始まっています。正しい日本の姿を伝えるJapan-iが世界中の注目を集める日は、そう遠くなさそうです。

導入製品

製品情報・サービス提供会社

国内導入実績500社超、パッケージ型エンタープライズCMS

WebReleaseは、 スケジュール配信、リビジョン管理、承認ワークフロー、操作履歴、権限管理など、企業ウェブサイトの構築・運用に求められる機能一式を搭載したパッケージタイプの CMS です。パッケージソフトなので、箱から出してインストールするだけで高機能な CMS 環境をすぐ手に入れることができます。

パッケージタイプの WebRelease を採用すれば、難易度が高く、予算超過やスケジュール遅延、仕様の過不足、度重なる追加開発、といったリスクを伴うシステム開発は必要ありません。インストール後すぐにウェブサイトの構築に着手することができます。

関連リンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyrightc2015 Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.